2017年07月23日

第53回 市民文化フォーラム 8・15集会

2017年 第53回 市民文化フォーラム 8・15集会
改憲前夜――今、私たちがすべきこと

特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法を次々に成立させてきた第二次安倍政権は改憲日程さえ確定しようとしている。その動きは従来の基本政策を変容させるのみでなく、その根幹にある立憲主義にもとづく戦後民主主義そのものを否定するかのようである。しかしその状況を単に慨嘆するのではなく、その克服を展望することこそが市民的営為のはずである。そこで本年は1部として改憲の動きを中心とする日本政治の現状について討議したうえで、第2部では各地で生起している民主主義の再生のための新しい日常的実践について具体的に議論したい。

第1部 改憲を阻止するために
森達也(映画監督)
明田川融(法政大学)
山口菊子(豊島区議、「憲法」を愛する女性ネット)

第2部 民主主義のオルタナティブ
李泳采(恵泉女学園大学)
新垣毅(琉球新報)
佐々木寛(「おらって」にいがた市民エネルギー協議会)

司会 越智敏夫(市民文化フォーラム)

日時 2017年8月15日(火) 13:30〜16:30(13時開場)

場所 日本教育会館8階 第1会議室  
     千代田区一ツ橋2-6-2 地図はこちら

参加費 一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
posted by 市民文化フォーラム at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 8.15集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

2017年 市民文化フォーラム 5月研究シンポジウム 5月13日

2017年5月13日 市民文化フォーラム 5月研究シンポジウム

〈共謀罪と憲法〉


犯罪を計画段階で処罰する共謀罪は過去3回、国会で廃案になっている。
にもかかわらず自公政権は共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案の成立をめざしている。特定秘密保護法、安全保障関連法と国家権力の恣意性を高め、立憲主義の根幹を崩す流れが強まっている。
これは市民に対する政府の挑戦でもある。そこで本研究シンポジウムでは民主党政権下の野田内閣で法務大臣を務められた平岡秀夫弁護士を講師に迎え、本法案の問題点について、特に憲法との関連を中心に議論したい。
平岡氏は共謀罪に対して一貫して反対し、その問題点について熟知しておられる。
一連の法案によって社会は戦時体制に近づいているかのような状況下、市民のとるべき行動はなにか。そうした論点も含めて広く討議したい。

講師:平岡秀夫(元法務大臣、弁護士)
司会:越智敏夫(市民文化フォーラム)

日時:2017年5月13日(土曜)13:30〜16:00(13時開場)

会場:日本教育会館703号室(千代田区一ツ橋2-6-2 03-3230-2831)
*地下鉄・新宿線/半蔵門線⇒神保町駅(A1出口)徒歩3分
 三田線⇒神保町駅(A1出口)徒歩5分
 東西線⇒竹橋駅(北の丸公園側出口)徒歩5分

参加費:一般1000円/大学生500円/高校生以下無料


市民文化フォーラム〈代表・市野川容孝、内海愛子、小森陽一〉
千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル 電話045-317-3325 
http://ccforumorg.seesaa.net/
posted by 市民文化フォーラム at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 5.20研究シンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

2016年12月10日 12月研究シンポジウム―天皇の生前退位と憲法体制

---------------------------------------------
2016年 市民文化フォーラム 12月研究シンポジウム
◆天皇の生前退位と憲法体制◆
---------------------------------------------

<講座趣旨>
■本年8月、天皇による「象徴としてのお務めについてのお言葉」と題するビデオメッセージが発表され、天皇本人の要望として「生前退位」が強く示唆された。その生前退位を可能とするためには皇室典範のみならず憲法の改正も必要であるのか、あるいは特別措置法で対処しうるのか。そうした議論が広まっている。
しかしこの問題はそれら法的手続きの範疇を超え、象徴天皇制の政治的機能、立憲政治そのもののありかた、また戦後日本の民主主義の実像など、さらに大きな枠組みの議論を必要とする。
■そこで本研究シンポジウムでは「試論:戦後国家解体プロセスでの『象徴権力』の露出」を発表されたばかりの武藤一羊氏を迎え、日本政治思想史を専門とする梅森直之氏に討論者として加わっていただきながら、天皇制について広く議論したい。なお参加される方には武藤氏の同論文を以下のURLなどで事前にご一読になられておくことをおすすめしたい。
武藤一羊「試論」
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=187

報告者:武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所)
討論者:梅森直之(早稲田大学政治経済学術院)
司 会:越智敏夫(市民文化フォーラム)


日 時:2016年12月10日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
場所:日本教育会館7階会議室(千代田区一ツ橋2-6-2 03-3230-2831)
行き方:地下鉄・新宿線/半蔵門線⇒神保町駅(A1出口)徒歩3分
 三田線⇒神保町駅(A1出口)徒歩5分
 東西線⇒竹橋駅(北の丸公園側出口)徒歩5分
参加費:一般1000円/学生500円/高校生以下無料

市民文化フォーラム〈代表・市野川容孝、内海愛子、小森陽一〉
千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル
045-317-3325 http://ccforumorg.seesaa.net/
posted by 市民文化フォーラム at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 12.8研究シンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする